FC2ブログ

うすとろか

当方の趣味である「写真カメラ、競馬、登山、東京のいい店旨い店、旅行、日本百名城」と「仕事」でブログを綴ります。

2018/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道博物館内で撮ってきた画像をUPします(画像をクリックすると拡大します)!

<ラーニングゾーン>

   IMG_00017.jpg    IMG_00016+.jpg


<日本食堂&ミュージアムショップ(お土産屋)> 

    IMG_00018.jpg    IMG_1413.jpg

 P1020166.jpg  P1020169.jpg
  ▲味はともかくアイデアに負けました。      ▲お土産にピッタシな面白さ。

他にもまだ画像あります。
 ↓ ↓ ↓ 
 

[鉄道博物館「てっぱく」に行って来ました(5)<てっぱく写真集その一>]の続きを読む
スポンサーサイト

次に、ミニ運転列車についてです。

   IMG_00003_20071130151814.jpg
こちらはSLシミュレーターと違って整理券の配布枚数が多いですし、しかも1回で3人が乗れますから、たいていは列に多くの人が並んでいてもグループで乗る方が多いため、比較的容易に乗車できると思います。ですから、平日ならば10時の開館前についていればまず大丈夫なのではないでしょうか。配布時間や配布枚数については、当ブログの「鉄道博物館「てっぱく」に行って来ました(1)」を参考にしてください。

     IMG_00012.jpg     IMG_00014.jpg

ちなみに…、

[鉄道博物館「てっぱく」に行って来ました(4)<ミニ運転列車攻略法>]の続きを読む

さて、めでたくSLシミュレーターの整理券がゲットできた方は、後は時間を忘れずに厳守すれば、いよいよSL運転ができることになるわけです。

SLシミュレーターへは、整理券に記してある時間の10分前に来てください、と言われます。10分前にSLシミュレーター前に到着し、500円を払いましょう(ここでは通常のスイカで支払可能)。言われるままに、控えの席に座ります。目の前にあるビデオモニターを見て待機します
                    IMG_1502.jpg

その間に、運転に使う軍手をもらえます(まんま、100円ショップで束になって売っているあの軍手です。てっぱくのロゴでも入っていたら記念になるのに…)。

さ、いよいよ、順番が来ました。

SLに乗り込みましょう!!

当方は、相方が先に運転するということで、まずは、助手席に乗り込みました(助手席だけなら無料のようです)。

いよいよ、出発です!

[ 鉄道博物館「てっぱく」に行って来ました(3)<SLシミュレーター攻略編2>]の続きを読む

気になる方が多いだろう1日27人しか運転できない「SLシミュレーター」についてのレポートです。
                       IMG_1597-dpp.jpg

まず、午前の整理券は、10時15分に、15枚(15人分)配られます。残りの12枚は、14時15分に配布されます(土日だと、中には、10時15分に15番以内に列べなかったので、14時15分の配布まで待ち続ける人もいるそうです)。
また、14時15分の配布に並ぶとなると、12人を巡っての異様な駆け引きが始まり、おちおち館内を回っていることもできないでしょう。
したがって、ここは朝一(開館前)から列んで、開門ダッシュする!これが1番手堅いし、その後のてっぱく見学のプランニングにおいてもよろしいかと思います。

では、いったい「朝何時に」列んで「開門ダッシュ」すれば、確実に「SLシミュレーター」整理券配布コーナー前で15番手以内に入れるのでしょうか??

[鉄道博物館「てっぱく」に行って来ました(2)<SLシミュレーター攻略編1>]の続きを読む

2007年11月の火曜日に今話題の鉄道博物館「てっぱく」に行って来ました。
「てっぱく」はオープンからまだ1か月で、「いろいろな体験施設を楽しむには依然激込み」ということで(注意:ただ見学する分にはそれ程でもない)、平日しかも休館日(2007年中は火曜日も開館)を狙って行って来ました。

IMG_00002.jpg  IMG_00003.jpg
以下、当方が混雑状況につき事前に調査した事項を記したいと思います。

(1)土日には、開館10時の時点で1000人近くが並んでいる。
(2)平日でも月曜日は、近くの学校の土日の振り替え等で、土日に匹敵する程の混雑振りである。
(3)平日なら、一応休館日とされている火曜日や水曜日、木曜日が比較的空いている。

とのことであった(情報源:てっぱくに電話確認、各種ブログ、2ちゃん、を総合参照)。


体験施設で非常に人気が整理券を手にするのに並ばないと体験できないものとしては、

 

[鉄道博物館「てっぱく」に行って来ました(1)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。