FC2ブログ

うすとろか

当方の趣味である「写真カメラ、競馬、登山、東京のいい店旨い店、旅行、日本百名城」と「仕事」でブログを綴ります。

2018/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる方が多いだろう1日27人しか運転できない「SLシミュレーター」についてのレポートです。
                       IMG_1597-dpp.jpg

まず、午前の整理券は、10時15分に、15枚(15人分)配られます。残りの12枚は、14時15分に配布されます(土日だと、中には、10時15分に15番以内に列べなかったので、14時15分の配布まで待ち続ける人もいるそうです)。
また、14時15分の配布に並ぶとなると、12人を巡っての異様な駆け引きが始まり、おちおち館内を回っていることもできないでしょう。
したがって、ここは朝一(開館前)から列んで、開門ダッシュする!これが1番手堅いし、その後のてっぱく見学のプランニングにおいてもよろしいかと思います。

では、いったい「朝何時に」列んで「開門ダッシュ」すれば、確実に「SLシミュレーター」整理券配布コーナー前で15番手以内に入れるのでしょうか??

当方は、11月中の火曜日に試みました。当方、平日に休みを取っての参戦ですし、てっぱくに何度も行けるほど近くには住んでいません。なので、(競馬場に早駆けするのに慣れているせいもあってか)念には念をいれて、朝7時30分頃に鉄道博物館駅を降り、駐車場周辺に向かいました。この時間だと、先客はいませんでした。駐車場内の掃除のおじさんに、どこに列んで待っていればいいかと聞くと、だいたい(みんなは)P2かP3の門の前で列んでいるよ、というのでP2で待ちました。
しばらく(だいたい10分位か)たって、親1人・子ども2人がやって来ました。この時点で(当方は2人組)すでに5人列んだことになります。
あとは、8時頃に4人組のオバサンがやってきました。当方の感覚では、アキバ系の感じの方と勝負するのかと思っていただけに、主婦、小学生、オバサン4人、がこんな朝早くから…、でビックリしました(当方は、普通に鉄道好きな程度です。カメラはともかく電車は素人並にしか分かりません)。

結局、9時に駐車場内に入る門があいたのですが、おそらくその時点でゆうに30人以上は列んでいたと思います。SLシミュレーター狙いなら、この時点でかなり厳しい状況かと思われます(ただし、小学生はSLは不可なので一概に15人を超えているからといってダメとは言えない)。

その後は、ぞくぞくと列ぶ人数が増え、おそらく10時の開門時点では2~300人はいたのではないかと思われます。

ちなみに、駐車場内(9時~10時の間)では、4列で列ばされます。おじさんが、普通に「10時になりました。お入り下さい」と言うだけで、あとは、ぐちゃぐちゃにみんなダッシュします。ですから、この時点においては、列になっている意味は全くありません。10番手位でも、ダッシュ次第ですぐに先頭集団に入り込めます。先頭で列んでいた立場から言わせてもらうと余りにいい加減すぎです!でも、少々遅れて列んでいても、おじさんの上記かけ声を予見してフライング気味にスタートすれば(相手次第で)なんとかなるかも(笑)。とはいえ、常識の範囲で願います!競馬場の開門時と同じ光景ですね。いくら、係員が「走らないでください」といっても、誰も真に受けません。正直に歩いていったら、SLは無理でしょう。

そして、このダッシュと同時にポイントになるところがあります。入場の方法についてです。

2007年11月下旬現在、入場方法は、下記の4通りのようです。
てっぱ倶楽部の会員証を受付で見せて係員にICカードと引き換えてもらい、ゲート(自動改札機)まで走り、タッチアンドゴーしての入場。
期日入りの前売り入場券を予めどこかの緑の窓口で購入しておき、その前売り入場券を受付(てっぱ倶楽部の受付のすぐ隣りにある)で見せて係員にICカードと引き換えてもらい、ゲート(自動改札機)まで走り、タッチアンドゴーしての入場。
③持参したスイカに、1000円分をチャージする専用の機械でチャージしてから、ゲート(自動改札機)に向かい、タッチアンドゴーしての入場(通常電車で使用するチャージ分があるから、そのままタッチアンドゴーとなるわけではないので特注意。あくまで、ここ入場用のチャージ(機械処理)が必要ということ)。
④スイカがないので、現金で1000円を支払い、ICカードを受け取り、ゲート(自動改札機)に向かい、タッチアンドゴーしての入場。

朝の開門時点では、ノースゲートからの入場はてっぱ倶楽部会員でも不可とのこと。したがって、会員でも、普通のお客と同様に駐車場内に列ぶしかない。ノースゲートは開門時には団体専用門となっているらしい。


つまり、SLの整理券の列で15番以内に入るためには、みなさんダッシュするにしても、1番スムースにゲートをくぐれる方法であることが望ましいわけですから、上記①か②が理想的ということになります。



が、しかし!どういうわけか、当方が使用した②の前売り券は12月28日分までで発売が中止されることになったようです(注意:しかも、その前売り券が買えるのは11月30日まで!)。今後は、面倒でもてっぱ倶楽部に加入しておくことがベストな選択となるといえるでしょう。そうでないと、てっぱ倶楽部の会員の方との競争では、すぐに10人程度ならダッシュの際に差しきられてしまうでしょう。なかなかシビアですね。

そうなると、一般人は、とにかく先頭に近い順番待ちをして、②ないし④の方法で入ることになります。②をとるべきか、④をとるべきかは、自分より前のお客さんがどちらに多く列ぶかで、瞬時に判断してください。健闘を祈ります。

無事、ダッシュしてタッチアンドゴーしてゲートをくぐれたら、前方左手の通路へさらなるダッシュをかけて下さい。その通路に入って20m位先の左手に、SLシミュレーターの順番待ちのコーナーができています。
                   IMG_00004.jpg
そこに列んで、前から15人以内かを確認してください。めでたく15人以内に入れたら、後15分程待てば、係員が来て、整理券をくれます。あとは、前に列んでいる人から、10時30分~14時30分に分けられた好きな時間を選び、その時間が印字された(15分間隔)整理券をもらうだけです!あとは解散!

ちなみに、先に友人が列んでいても途中からその後ろに列ぶことができないように係員が監視(番号チェック)しています。友人に2人分キープさせるといった芸当はここでは不可能なので注意してください。ま、さすがに朝早くから列んでの15人しかできないわけですから厳格な応対になりまよね。それでも逃したら、14時15分の回を早めに列んで(同じ場所)ゲットしてください(ただ、それをするくらいなら朝駆けした方が1日を充分に使えるのでは…)。

なお、私の相方は、先にミニ電車の整理券を1枚ゲットして、ダッシュでSLの列にも列んだところ、どうにかこうにかの12番手でした。あとワンタイミング(ほんの10秒)遅かったら、15番手オーバーで間違いありませんでした。開館と同時のアッという間の戦いですね。かなり厳しいです。まして、「駅構内体験」だと、1日たった6人ですから…(しかもこちらは小学生も可能なはず)。まさに、プラチナ整理券ですね。

以上は、1番空いているとされている曜日である火曜のお話です。12月の冬休みや、年内の土日に行こうかなとお考えの方は、当面は、SLはあきらめた方が無難かもしれません。遠方から来る方は、気合一発、朝駆けしましょう!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://794uh.blog15.fc2.com/tb.php/4-2a4de5cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。