FC2ブログ

うすとろか

当方の趣味である「写真カメラ、競馬、登山、東京のいい店旨い店、旅行、日本百名城」と「仕事」でブログを綴ります。

2018/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、めでたくSLシミュレーターの整理券がゲットできた方は、後は時間を忘れずに厳守すれば、いよいよSL運転ができることになるわけです。

SLシミュレーターへは、整理券に記してある時間の10分前に来てください、と言われます。10分前にSLシミュレーター前に到着し、500円を払いましょう(ここでは通常のスイカで支払可能)。言われるままに、控えの席に座ります。目の前にあるビデオモニターを見て待機します
                    IMG_1502.jpg

その間に、運転に使う軍手をもらえます(まんま、100円ショップで束になって売っているあの軍手です。てっぱくのロゴでも入っていたら記念になるのに…)。

さ、いよいよ、順番が来ました。

SLに乗り込みましょう!!

当方は、相方が先に運転するということで、まずは、助手席に乗り込みました(助手席だけなら無料のようです)。

いよいよ、出発です!

汽笛が鳴ります!車体が実際に揺れ出します!車輪が前進する音が、見えている映像と連動してリアルに聞こえてきます(橋を越える音など)!

すごい!!助手席なのに本当にSLに乗っているような感じだ!!

右の開いている窓に右ひじを掛けながら、前方の小窓から見える映像(車窓)を見ていると、まるで、SLに乗っているようです!!しかも、右の窓からも、流れていく景色がまでもが(それなりではあるけど)見えるのです。

                    IMG_1526.jpg

いやはや、これはすごいシミュレーターだ!よく出来過ぎ!!

助手も、橋を越える際は汽笛を鳴らしてくださいと言われるので、左手前方にあるレバーを下に引きます。

う~ん、SLのあの汽笛の音だ~!! 最高です

揺られること、2駅間約11分強。短いけどとっても楽しいSLの旅でした。

 と、結構満足な気分になっている当方でしたが、次はいよいよ私の運転の番です。

       IMG_1597-dpp.jpg ※この画像だけはRAWから丁寧に現像してます。

相方と替わって運転席に座ります。いやはやすごい状態ですね。まさに、リアルに昭和の戦時中を駆け抜けていたSLまんまです。部分的にはリカバーしているとはいえ、何かSLの持っている歴史の重みを感じました。

係のお姉さんの言われるままに、レバーを動かすと、車輪が動き出します!

汽笛をなが~く鳴らします!!
ポーッ、ポッ、ポッーーーーー!!

声に出しはしませんでしたが、心の中で「出発進行」と叫びました。

ガッタンガッタンガッタン…。車輪がレールの上を回る音の間隔がだんだん速くなります!

  ・
  ・
  ・

あとは運転の指示通り、あっという間の2駅間、約11分強の運転でした。

そして、お姉さんの指摘通りきちんと運転すれば時間が余るようになっているようで、その余った時間で、石炭を焼べる(くべる)体験もやらしてもらいました。

           IMG_1509.jpg        IMG_1578.jpg
足下のスイッチを踏むと、パチンコのチャッカーが開くかのように、釜が見え、そこに疑似の石炭をスコップで投げ込みます。

う~ん、本物だととんでもない熱さの中の仕事だったんだろうなと考えると、戦後の日本の復興を期しSLにかける人々の熱い思いまでもが伝わってくるような気がしました。

シミュレーターとはいえ、いろんな意味でとてもとても貴重な体験をさせて頂いたと思います!!これは、大人こそのシミュレーターのような気がします。当方の独断ではありますが、お子さんにはこれはもったいない(SLとその歴史の意味が感じる程のバックボーンがまだわかない段階で、ただ運転しましたよではありがたみがない、という意味で)。そう思えてなりません。その位、良くできていると思います!

SLに対するロマンを求める人の気持ちがちょっぴり分かった気がしました。と同時に、カメラを持って動いているSLを撮りに行きたいなー、そう強く確信した次第です。

ちなみに、SL以外のシミュレーターは整理券なしで乗れます。各シミュレーターの前で単純に順番待ちをすることになります。ただ、いずれのシミュレーターも「電車でGO!」よりもある意味、再現性は低いかも…。ホントに何もわかないちびっ子向きですね。

なので、SLシミュレーター以外は、まあ、時間がなければ別にいいかな、そんな感じがしました。

ちなみに、時間が余っていたので、新幹線のシミュレーターを体験しましたが、あまりのつまらなさ(単調さ&自動運転)に、思わず閉口してしまいました。どうせするなら、山手線のシミュレーター(一応、車体が揺れます)がいいかもしれません。

ちなみにちなみに、それ以外のシミュレーターは、いつぞやのゲーム機並の(ポリゴン?!)映像です。その映像は、まるで眼科で眼圧を測るときに使う機械を覗いたときに見えるあのよく分からない風景にそっくりだったりします(笑)。この表現でみなさま分かりますでしょうか?!

 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://794uh.blog15.fc2.com/tb.php/5-aed10804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。